Live

Andy&Kevin Live

投稿日:

6月 28日 (日曜日) 午後7:00~

 

レイヤーアンディ・べヴァンとアメリカ出身のケヴィン・マキューの両氏によるジャズライブです。ジャズやブラジル音楽の名曲をお送りします。
お楽しみに!
 

Andy Bevan(Sax) Kevin McHugh(Pf)

 

チャージ:なし(投げ銭)

アンディ・ベヴァン

サクソフォーン、フルート、ディジュリドゥ オーストラリア出身。幼少からピアノとフルートを学び、アデレード芸術教育大学(テナーサックス専攻)を卒業。オーストラリアでの数年のプロ活動後、東南アジアを一年半旅行中、様々な文化や伝統音楽を吸収する。その後多くの吹奏楽器(サクソフォンからバンスリフルート等)を修得。その頃オーストラリア原住民(アボリジニ)が使用する世界で最も古い楽器ディジュリドゥを吹き始め、その楽器の新たな魅力と可能性を引き出すことに成功した。今では彼の持つ色彩豊かなサウンドが、聴くもの全てを魅了し、様々なジャンルのアーティストからの出演依頼は年々増え続けている。 オーストラリア、パースで生まれアデレードで育つ。幼少からピアノとフルートを学び、アデレード芸術教育大学(テナーサックス専攻)を卒業。オーストラリアでの数年のプロ活動後、東南アジアを一年半旅行中、インドネシア、タイ、ネパール、インドの様々な文化や伝統音楽を吸収する。その後多くの吹奏楽器(サクソフォンからバンスリフルート等)を修得。その頃オーストラリア原住民音楽家と知りあい、その影響でディジュリドゥ(アボリジニが使用する世界で最も古い楽器)を吹き始め、ディジュリドゥの新たな魅力と可能性を引き出すことに成功した。今では彼の持つ色彩豊かなサウンドが、聴くもの全てを魅了し、様々なジャンルのアーティストからの出演依頼は年々増え続けている。ジャズ、ブラジル音楽、フュージョン、ワールドミュージック、などあらゆるジャンルで活発な活動を展開。中でも日本の伝統音楽のアーティスト(重要無形文化財と呼ばれている能楽大鼓奏者の大倉正之助や、琵琶奏者の西原鶴真)とのコラボレーションも好評を博してきた。近年、アンディは日本国内だけでなく国際的にも活躍している。ボサノヴァのアーティストである小野リサや、パリを拠点にしている三宅純とも共演しています。最近は2017年11月にモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン、2018年11月Blue Note 東京で三宅純のグループと出演した。アンディはまたオーストラリアにしばしば帰国し、精力的に現地の芸術シーンに毎年数ヶ月間、参加している。

kevin

ケビン・ マキュー

ピアノ 1982年アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ。ピアニスト・アコーディオン奏者。アメリカ合衆国で最も古い歴史をもつ音楽学校、オバーリン音楽院と、ドイツのベルリン工科大学でジャズピアノとドイツ語を学ぶ。2006年にトマス・J・ワトソン研究奨学金を獲得し、一年間に渡り5カ国で即興音楽の研究をした。 2011年、国際交流基金からの助成を受け、東日本大震災復興支援のための演劇および短編映画作品に楽曲を提供。また、最近では、日米の音楽家を結びつけるプロジェクトSeattle Meets Tokyo: Modern Jazz Connectionsの主宰者として、2015年のSeattle4Culture賞を受賞した。 東京在住9年目の現在も、マキューは多種多様なジャンルに渡って音楽活動を続けている。プロのジャズピアニストとして東京の著名なジャズクラブやホテルで演奏をしているだけでなく、アコーディオン奏者としての活動や、即興演劇の劇伴やクラシック、ロック等の演奏もする。また、NHKのテレビ番組「SONGS」やCASIO、ヤマハの鍵盤楽器のプロモーション映像への出演、S2Sジャパンを始めとするレーベルや様々なバンドのレコーディングに、バンドマスター・作曲家・編曲家として携わっている。 また、ルイ ヴィトン、プラダ、ディズニー、ゴールドマン サックス、トヨタ、NHK、エクソン モービル、ユナイテッドエアライン、AEONを始めとする国内外の有名ブランド、メーカー、会社などが主催となり、日本各地で開催されたファッション、パーティー、エンタータインメント関係のイベントにピアニスト、時にはアコーディオン奏者として出演するなど幅広く活躍中。

Live

mata-O Jazz Quartet presents 吉村樹里

投稿日:
2月 15日 (土曜日)午後7:30~10:00
 
mata-O Jazz Quartet presents 吉村樹里
 
メンバー
吉村樹里 Vo
吉野晴子 Pf
保科篤志 Gt
大澤基弘 Dr
小俣広志 Ba
 
演奏スタート19:00〜途中休憩あり2セット
ミュージックチャージ ¥2,000+オーダー中高生は半額小学生以下は無料
Live

2019.11.2 ヴァイオリン&ピアノライブ

投稿日:

ヴァイオリンデュオや、ソロ、ピアノソロ等をお送りします。

田倉 碧子(Vn)
関口太偲(Vn,Pf)

チャージ:2000円+オーダー

関口太偲(ピアノ、ヴァイオリン)

5歳よりヴァイオリンとピアノを始め、国立音楽大学附属小、中、高校を経て、国立音楽大学音楽学部演奏学科弦管打楽器専修ヴァイオリン専攻を首席で卒業、ならびに弦管打楽器ソリスト・コース修了。矢田部賞を受賞。同大学大学院音楽研究科器楽専攻修士課程を修了。大学在学中にてライナー・キュッヒル氏、細川 俊夫氏の公開レッスンを受講する。 第2回全日本芸術コンクールピアノ部門にて優秀賞、第5回全日本芸術コンクールヴァイオリン部門にて第2位、全国大会にて芸術協会賞を受賞。第12回ベーテン音楽コンクールヴァイオリン一般A1、ピアノ一般B1両部門全国大会にて、それぞれ第2位と第1位を受賞。第45回コンセール・ヴィヴァン新人オーディションに合格。 高校在学中にてチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を、大学在学中にてラフマニノフのピアノ協奏曲第二番をそれぞれ学内オーケストラと共演。好評を博す。 ソロ、オーケストラ、室内楽、ピアノ伴奏など幅広く活動中。また、自身の演奏する楽曲の室内楽編曲なども手掛ける。 DISNEY on CLASSIC 春の音楽祭 2017 にて第一ヴァイオリン次席奏者をつとめる。 その他、STAR WARS in CONCERT JAPAN TOUR 2018 プレミア特別公演、 ゼルダの伝説 30周年記念コンサート 2018、 NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019 OPUS Ⅲ などに出演。 これまでにヴァイオリンを茂呂 明子、千秋 佳子、大関 博明、奥村 智洋、堀 正文、三浦 章宏、青木 高志、 ピアノを土屋 順子、山縣 迪子、新井 令依子、朝山 裕子、三木 香代の各氏に師事。 第86回読売新人演奏会に出演。 東京国際芸術協会会員。

田倉 碧子(ヴァイオリン)

等学校を経て同大学音楽学部演奏学科を卒業、室内楽コース修了。第41回国立音楽大学東京同調会新人演奏会に出演。大学卒業後渡仏し、パリのスコラ・カントルムに2年間留学。室内楽にてDiplôme supérieur を取得。 大学在学中より国内外のセミナー、マスタークラスを受講。2015、2016年パリ国際夏期音楽アカデミーにてアレクシス・ガルペリン氏、2016年ニース夏期国際音楽アカデミーにてパトリス・フォンタナローザ氏の指導を受ける。2018年 ラ・ロッシュ・ギュイヨン城のマスタークラスにてピアノとのデュオでジャン・ムイエール氏の指導を受ける。 これまでにヴァイオリンを鈴木明彦、吉野薫、小森谷巧、パトリス・フォンタナローザ、浜野孝史の各氏、ピアノを山本浩子、米持隆之、三木香代の各氏、室内楽を風岡優、青木高志、漆原啓子、ジャン=ピエール・ヴァレーズの各氏に師事。 現在はフリーで演奏活動を行う傍ら、音楽指導も行う。

Live

熊本泰浩 Live

投稿日:

サックス熊本泰浩氏のライブです。
氏の円熟したサックスでカウントベイシーオーケストラの名曲をお楽しみください。

ライブ後にはセッションもございますので、一緒に演奏を楽しみましょう!

6月 13日 (土曜日)⋅午後7:00~

熊本泰浩(as) 高主健司(gt) 矢久保多恵子(pf) 矢久保達也(b) 岩城昌宏(d)

チャージ:2500円+オーダー

熊本泰浩

岡山生れ。アルトサックス奏者。大森昭氏、Jhon Jackie Kelson 氏に師事。前田憲男、中村誠一、徳山陽、中川 英二郎らと「共演。自己のカルテットの他、主催する6 管3リズムBop Band「BBC」をはじめ多彩なユニット で都内・東京近郊で、演奏活動を行い、近年は各地への ツアーも積極的に行っている。

Live

2020.2.28 佐々木優〜声の学校〜

投稿日:

声楽家、佐々木優による、
ボイストレーニング講座です。皆さんが思
い描く理想の声に近づける
「声のエクササイズ」を楽しみましょう!

 

佐々木優(ささきゆう): 歌い手、発声指導師。 国立音楽大学声楽学科卒業。同大学卒業演奏会出演。二期会オペラスタジオ終了時に優秀賞受賞。第六回多摩フレッシュ音楽コンクール第二位入賞。第十八回飯塚新人音楽コンクール第三位入賞。第十六回日本声楽コンクール入選。第十五回奏楽堂日本歌曲コンクール奨励賞受賞。東京二期会会員。

Live

2019.10.18 水野一美ランチタイムピアノ

投稿日:

ピアニスト水野一美による、ランチタ
イムソロピアノライブです。
ランチタイムのひととき、スタンダー
ドジャズを中心にお送りします。
皆さまのご来場をお待ちしています♪

 

水野一美( みずのひとみ):音大卒業後、都内ライブハウス、レストラン、ホテル、ブライダル、イベント等で演奏。

Live

2019.12.22 坂本里沙子 PianoLive

投稿日:

2019.12.22 坂本里沙子ピアノライブ

15:00開演(14:30開場)

入場料:3000円+オーダー

Program

         
●ドビュッシー:アラベスク第1番
Claude Achille Debussy:
 Deux Arabesques Andantino con moto

●フランク:プレリュード・コラール・フーガ
César-Auguste-Jean-Guillaume-Hubert Franck:
 Prélude, Choral et Fugue

●チャイコフスキー:ドゥムカ 
Peter Ilyich Tchaikovsky:
 Dumka

 

坂本里沙子:
5歳よりピアノを始める。2012年桐朋女子高校音楽科卒業、同年9月ロシア国立モスクワ音楽院入学。2014年スクリャービン国際コンクール(パリ)第2位。2015年オーフス国際ピアノコンクール(デンマーク)セミファイナリスト。若いピアニストのためのリガ国際コンクール(ラトビア)第1位、併せてショパンコンチェルト賞、スイスマスタークラス賞を受賞。2016年サフシンスキー国際コンクール(ロシア)第2位。2019年ロシア国立モスクワ音楽院卒業。ロシア国家演奏家資格を取得し帰国。 これまでにピアノを飯塚明子、犬飼和子ヤンコフスキー、朴久玲、セルゲイ・クドリャコフの各氏に師事。デンマーク、ロシア、ドイツ、スイス、オーストリアなど国内外のコンサートに多数出演。